ついに消防法が改正!火災警報器の設置はお早めに

火災警報器Q&A

1.住宅用火災警報器とは?

1.煙や熱を感知し警報音や音声で火災を知らせる機器です。

ページトップへ

2.なぜ火災警報器の設置が義務化されたのか?

2.住宅火災で就寝中の逃げ遅れによる死者増加してます。 火災による犠牲者を減らすため、就寝に使用する部屋に設置することが義務付けられました。

ページトップへ

3.なぜ、煙式(光電式)が義務化されたのか?

3.火災の初期段階は、よりも「」のほうが先に発生します。 また、によるの伝達速度よりも煙の拡散速度ほうが速い為です。

ページトップへ

4.どのような住宅が対象か?

4.就寝に使用する部屋がある全ての建物で、 戸建住宅マンション共同住宅店舗併用住宅等となっています。

ページトップへ

5.火災警報器の価格は?

5.種類により価格は異なりますが、5,000円〜12,000円くらいです。 特に「電池式」は比較的低価格ですのでお奨めです。

ページトップへ

6.自分で設置をする場合、資格が必要か?

6.資格は必要ありません。 電池式」のような簡単に取り付けられる機器、または場所あればご自身で設置することが可能です。 取付が不安な方、配線工事が必要な場合は設置工事を承ります。

ページトップへ

7.たばこや調理の煙で警報器が作動しないか?

7.基本的には作動しませんが、設置場所によっては反応してしまう場合もあります。 直接、タバコを吹きかけたりすることは控えてください。通常の生活で頻繁に作動するようなときは、設置場所を変更する必要もあります。

ページトップへ

8.設置後に気をつけることは?

8.定期的に警報器が作動するかどうか点検を行ってください。 また、電池式のものは、電池交換も忘れずに行ってください。
火災警報器には交換期限が定められています。期限の過ぎたものは、新しいものに交換する必要があります。

ページトップへ

お見積もり・ご相談はこちらから

Copyright(C)2013 消防法改正〜住宅用火災警報器義務化〜 All rights reserved.