ついに消防法が改正!火災警報器の設置はお早めに

火災警報器を設置しよう

平成18年6月1日より住宅用火災警報器設置が法律によって義務付けられました。

火災警報器は
火災の発生にすばやく反応し、大きな音や音声で居住者に火災を知らせることで迅速に避難、消火活動を行うことができます。

火災警報器の設置はお早めに

火災警報器の設置はお早めに新築の住宅は平成18年6月1日より設置しなければなりません。新築工事着工中であれば、部屋の環境に合わせて警報器を選ぶことができます。
住宅完成後にお部屋の美観を損なうことなく設置することも可能です。
また、一ヶ所の警報器で感知した火災を、連動している全ての警報器が反応する連動型設置しやすくなります。

既存住宅の場合は、早急に取り付ける義務はありませんが、最終的には警報器設置しなければなりません。
お部屋に合う警報器を選んでいただき、できるだけ早く設置していただくことをお勧めします。

既存住宅の設置完了期限については各市町村条例のページでご確認下さい。

ページトップへ

取り付け義務のある人

取り付け義務のある人取り付け義務のある人は、基本的に住宅の所有者、占有者、管理者と定められています。
持ち家の場合は所有者、賃貸マンションやアパートの場合オーナー借受人が協議して設置することとなります。
但し、実際に設置を行う場合は、技術のある取り付け業者などに依頼することも可能です。

ページトップへ

お見積もり・ご相談はこちらから

Copyright(C)2013 消防法改正〜住宅用火災警報器義務化〜 All rights reserved.